読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっとりで生まれ暮らし続けることについて。アラフォーおっさんの考察、そして主張とは?

 

 

はじめて投稿させていただきます。覆面社長ヒロアキです。

先ずはじめに、

御縁あってこのプロジェクトを素敵な仲間たちと進められることに、

心から感謝と期待を込めて筆を下ろします。

このTOROTOROとっとりを進める上で、どんな結果と反応があるのかは未知数だが、理屈ではなくとても楽しみにしているわけです。

今中心となって何かを発信して行こうとしている、

 

大学生のみきちゃん(編集局長)

アラフォーのみずほ氏(副編集長兼総務部長)

あまべちゃん(プロモーション&記録課)

ヒロアキ(統括幹事長)

統括?・・・まあいいとして。

 

共通して皆に言える事は、感性が鋭いです。

ある種少し逸脱しています。

良いのか悪いのかはわかんないけど・・・

そして鳥取県を愛しています。それぞれの愛し方でね。

何かを発信したいんだけど、どう伝えれば良いのか?

それなりに打合せを重ねてきて見切り発車しておるわけです。

 

僕はこういうのが好きです。

それは。目的意識は共通しているけど、やりかたを模索している状態。

ようするに在り方はわかってんだけどやり方はわかんない状態。

こんな状態だけど、何かを生み出す可能性は大いに秘めているわけです。

だから僕も時間を使うし、皆とまた会いたいと思うし。

なにかカタチにしたいと本気でおもうんですね。

 

結局何が言いたいのかと言うと。期待して読み続けてくれれば良いということ(笑)

なんかよく分かんないおっさんがなんか書いてるけど、なんかおもろそう的な。

 

で。表題にしている「とっとりで暮す」ということについて紐解いていきたいと思います。

 

僕は大学の4年間を福岡の博多近辺で過ごし、遊びほうけていた矢先父が亡くなり、

卒業後故郷である鳥取市に帰ってきた。

家業である会社を引き継ぎ今に至る。

この間にドラマというドラマが多々あったわけだが、

そのことは書き出したらいくら時間があっても終わらないので小出しにしていこう。

僕は基本的にこのまちが大好きである。

うそ臭いと思うだろうけど、心から大好きである。

その具体的なベネフィットを挙げるだけで今日は終わりにしたいと思う。

 

海と山の自然が豊富だし、人があたたかい。

自然に癒されたいときにはキャンプしたり山登ったり、冬はスノーボード

f:id:Torotorotottori:20170311202250j:plain

こないだ経験した雪中キャンプ

f:id:Torotorotottori:20170311202304j:plain

すぐそこにいつでもある山山。豊な自然と綺麗な水。

 

お酒は美味しいし、魚も肉も食のポテンシャルは極めて高い。

なによりも人が好き。穏やかな人たちが大好きだし、ずっと関わっていたい。

そんな単純な魅力を単純に感じていることは僕の中では実に自然なことだ。

 

その上でだ。

僕はこの歳にしてある程度自らの生き方(スタイル)と使命は見えてきた。

40にして惑わずと言う言葉があるが、それを意識しながら今まで自問自答を繰り返し、

常に行動に移してきた結果だとおもうけど。

40を前にした39の今思うんだけど。

今まで自分が何に違和感を感じ続けてきたのか?やっと解ってきた。

そこから紐解いていくとこれから僕がどう生きていくべきが?

誰とどこで、何に情熱と時間を進んで行くべきなのかということが見えてくる。

 

非常に大枠で伝えるとすれば、グローバリズムという少し前の社会に対して、

違和感と拒否感を感じつつ、自分の生き方を探し続けてきたようだ。

いやだからね。

高度成長期やバブルに然程反応しなかった「とっとり」

という「くそ田舎」に心から居心地の良さを感じるわけなんだ。

 

そしてある人が言っていて、深く共感した価値観

「インターローカル」がこれからの時代の鍵だと思う。

間にある間とは、関係性の真中にある目に見えない、

対極にある非合理の積み上げから生まれる世界だ。

20世紀的な文脈で物事と向き合ってたら、もう難しいし生き抜けない時代に来ているとも思う。

で。これからこの「とっとり」で僕がどう生きていくのが幸せなのか?

だいたい分かってきたという辺りなんだね。

会社の経営はベースとして当たり前に人のためになる事を目的としつつ適正な利益を得ること。

これがようするに主な仕事なわけだけど、

基本的には地域や社会や個人の問題を解消してあげるためだけに

時間と労力を使いたい。

お客さんの現場の環境もなんとかしてあげたい。

地域の里山の環境もなんとかしたい。

次の世代が誇りを持って暮らすことが出来るふるさとが創りたい。

このミッションがベースで、それ以外は自分の直感にそって、

素敵な人々に囲まれて豊な自然と大好きなお酒と音楽がある暮らしがあれば、

場所はどこだっていい。

 

ん?とっとりじゃなくてええんかい!?

ということで、来週のTOROTOROとっとりは・・・・・・

それぞれのとっとりで暮す人生観について書いてくれ!

それを僕は聞きたい! 

 

それでは皆様また次回の投稿まで。

ごきげんよう