読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それぞれのとっとりで暮す人生観・・・深い!

前回の覆面社長ヒロアキ氏より、いただいたテーマ

 

「それぞれのとっとりで暮す人生観」

 

こちらを アラフォーみずほが思いのままに綴らせていただきますね。

 

 

まず、人生観って何??? というところから考えてしまうのですけれど

 

これを考えることって、自分の「軸」を確かめられるいい機会だと思う。

 

 

私自身が今どのように生きていきたいかということでいえば

 

自由に暮らしたい。

 

f:id:Torotorotottori:20170319230258j:plain

 

ここでいう「自由」とは経済的に豊かにということではなく

 

自分の心に素直になって過ごせる自由。

 

 

 

もちろん経済なことも大事なことで、他にも「こう生きていきたい」というものはあるのだけれど。

 

人生観というよりも願望?

 

 

私は子どもも2人いて、シングルマザー。

 

生活に追われるよりも時間に追われる・・・

 

時間に追われると 焦らなくていいことまで焦るし、言葉に棘というオプションもつけてしまう。

 

自分が棘になると、誰も寄ってきてくれなくて、最後は私がさみしくなるだけ。

 

そうならないように 自分がどう変わったら 快適にストレスなく過ごせるのかしら。

 

 

私は何をするときがたのしいのかな。

 

私は何が好きなんだろう。

 

何が苦手なの?

 

時間に追われ過ぎて忘れかけていたことを、こんな些細な問いかけで思い出すことができます。

 

 

子育てに追われてしまうと、自分の時間がなくなるから、自分が何をするのが楽しかったか、幸せだと感じてたのかを忘れてしまう方が多いのも、本当によくわかる。

 

 

簡単な自分への質問で答えがでたら、自分のことが理解できるから「軸」にも繋がる。

 

・・・はずです。

 

 

【とっとりで暮らすことの】という点でも

 

いつでも海にも山にも行ける環境で

 

自然に触れられ、自然に身を委ねられ、そこで自分を感じられる。

 

 

海が好きな私は、やる気スイッチを押したい時、

 

頭の中が混乱して 落ち着かせたい時、

 

すーーーっごいいいことがあった時、

 

良い時も、そうでないときも 海を眺めに行きます。

 

波の動き、潮のかおり、肌にふれる風の強弱、日によって変わる波の音

 

五感を使って感じることで

 

混乱して絡まっていた回線が ほどけてたり

 

浮足立ちそうないいことも、大地に立っているという感覚を取り戻させてくれるし

 

高台から広い海を見渡すことで、スイッチ入れてやろうとしていたことの小ささを感じて すぐスイッチオンにもなるし

 

もう、海へ車で15分くらいで行ける場所が、私にとっては本当に最高なのです。

 

そして、鳥取だからできること。

 

 

心を豊かにするために、人と人との関わりの中で 得る学びもあるけれど

 

【自然と一体化してる私】を体験することで

 

全ては一つという安心感を体感することができる。

 

 

そう、もう心豊かに生きていきたいと思いながら過ごしているから

 

自分のペースではない都会には、きっと住めないだろうなぁ。

 

 

必要な時は シャキっと動きつつ

 

のんびりと過ごせる自然がすぐそばにある鳥取

 

ここで生きていきたい。

 

生きていく場所だから、もっと盛り上げていきたい。

 

そんな風に思います。

 

 

って、人生観から話それてるような気がしますが 今回は以上!

 

次は、海のあまべちゃんにバトンタッチ。