読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生が鳥取で暮らす理由


こんばんは、みきです。

26日更新のつもりが、バイトに明け暮れていると、アッ29日になってるやん…ということで、ど深夜に更新させて頂きます。。


鳥取での人生観、、


私は、ただ単に大学の教授目当てで鳥取に移り住みました。

また、地元の大阪の忙しい感じが好きじゃなくて、1人で暮らしてみたくて来ました。

こちらは、家賃などの生活費が安いのが魅力です。しかし、スーパーは安売りの日が少なくて、魚以外は大阪より少し高めです。


正直、最初の鳥取の印象は最悪でした。


大阪に比べると、みなさんシャイで、大体のおじさまは返事返してくれません。。

おばさまは、「いってらっしゃい^ ^」と笑顔で見送って下さるのですが、鳥取のおじさまはそっぽ向いちゃいます😅

私の周りだけかもしれませんが、大阪のように誰でも彼でも話しかける方は少なめで、最初は戸惑いました。

(大阪の人が特殊なだけなのか…?)


あと、運転が…(自粛)

何故かみなさま、飛ばす人が多いので、雨の日にかけられることは多々あります。入学してすぐの梅雨は友達と揃って、全身かけられて、道端でブチギレてしまいました😉 

そして、指示器を出さないで曲がる車が多すぎる!ドライブに連れて行ってもらったら、見かけないことはない指示器を出さない車。💦

鳥取にきたら、梅雨の時期に水たまりに突っ込んでくる車が多いのと、指示器を出さない車が多いので要注意です。⚠️


交通手段も、汽車かバスなのですが、本数が少ない上に、最終が22時と20時という早さ。車がないと生活できません、本当に…😥


私は阪急沿線という駅が中心として街が整備されている特殊な地域で育ったので、交通手段の不便さだけは未だに慣れません。


ショッピング施設も、駅からめっちゃ離れたところにあるのも、車を持っていない学生にとったら本当に不便です💦



しかし、何故だか「住めば都」の鳥取県

それは、山間部や漁村などの昔からの暮らしをしている場所は、本当に良いところだからです。


民藝や小唄が色濃く残っていて、伝統文化マニアの私には天国のような県です。

焼き物などは、他の県に比べて断然安くて、アイデアに富んだデザインもあり、本当に見ていて楽しいです🎶


こっちに来てからは、お洋服買いに行くことだけが、休日の過ごし方ではないという事に気付きました。


遊びに行くのも、森や川、海などの自然が対象であるということの素晴らしさにも気付きました!


都会の雑踏を歩きながら流行りを追うこともたまには必要ですが、毎日暮らすなら、ゆったりした自然の中で暮らす方がいいですね。


大学で友達と真夜中に流星群観に行ったり、農家さんのお手伝いをしたり、大学生活が素朴で煌びやかじゃない分、たくさんのことに気付くこともできます。


この暮らしを知れたおかげで、前記の嫌いな部分はなんとかチャラになっています😂


牛乳・豆腐嫌いの私が大好きな白バラ牛乳、

雨滝・佐治のお豆腐。魚も嫌いでしたが、こちらのお魚はスーパーのでも新鮮で美味しいです🌟


白バラがないと生きていけないほど、鳥取暮らしに染まっています🌹


県外学生から見た鳥取で暮らす意味は、こんな感じでした!


長々と、ありがとうございました!






それぞれのとっとりで暮す人生観・・・深い!

鳥取県

前回の覆面社長ヒロアキ氏より、いただいたテーマ

 

「それぞれのとっとりで暮す人生観」

 

こちらを アラフォーみずほが思いのままに綴らせていただきますね。

 

 

まず、人生観って何??? というところから考えてしまうのですけれど

 

これを考えることって、自分の「軸」を確かめられるいい機会だと思う。

 

 

私自身が今どのように生きていきたいかということでいえば

 

自由に暮らしたい。

 

f:id:Torotorotottori:20170319230258j:plain

 

ここでいう「自由」とは経済的に豊かにということではなく

 

自分の心に素直になって過ごせる自由。

 

 

 

もちろん経済なことも大事なことで、他にも「こう生きていきたい」というものはあるのだけれど。

 

人生観というよりも願望?

 

 

私は子どもも2人いて、シングルマザー。

 

生活に追われるよりも時間に追われる・・・

 

時間に追われると 焦らなくていいことまで焦るし、言葉に棘というオプションもつけてしまう。

 

自分が棘になると、誰も寄ってきてくれなくて、最後は私がさみしくなるだけ。

 

そうならないように 自分がどう変わったら 快適にストレスなく過ごせるのかしら。

 

 

私は何をするときがたのしいのかな。

 

私は何が好きなんだろう。

 

何が苦手なの?

 

時間に追われ過ぎて忘れかけていたことを、こんな些細な問いかけで思い出すことができます。

 

 

子育てに追われてしまうと、自分の時間がなくなるから、自分が何をするのが楽しかったか、幸せだと感じてたのかを忘れてしまう方が多いのも、本当によくわかる。

 

 

簡単な自分への質問で答えがでたら、自分のことが理解できるから「軸」にも繋がる。

 

・・・はずです。

 

 

【とっとりで暮らすことの】という点でも

 

いつでも海にも山にも行ける環境で

 

自然に触れられ、自然に身を委ねられ、そこで自分を感じられる。

 

 

海が好きな私は、やる気スイッチを押したい時、

 

頭の中が混乱して 落ち着かせたい時、

 

すーーーっごいいいことがあった時、

 

良い時も、そうでないときも 海を眺めに行きます。

 

波の動き、潮のかおり、肌にふれる風の強弱、日によって変わる波の音

 

五感を使って感じることで

 

混乱して絡まっていた回線が ほどけてたり

 

浮足立ちそうないいことも、大地に立っているという感覚を取り戻させてくれるし

 

高台から広い海を見渡すことで、スイッチ入れてやろうとしていたことの小ささを感じて すぐスイッチオンにもなるし

 

もう、海へ車で15分くらいで行ける場所が、私にとっては本当に最高なのです。

 

そして、鳥取だからできること。

 

 

心を豊かにするために、人と人との関わりの中で 得る学びもあるけれど

 

【自然と一体化してる私】を体験することで

 

全ては一つという安心感を体感することができる。

 

 

そう、もう心豊かに生きていきたいと思いながら過ごしているから

 

自分のペースではない都会には、きっと住めないだろうなぁ。

 

 

必要な時は シャキっと動きつつ

 

のんびりと過ごせる自然がすぐそばにある鳥取

 

ここで生きていきたい。

 

生きていく場所だから、もっと盛り上げていきたい。

 

そんな風に思います。

 

 

って、人生観から話それてるような気がしますが 今回は以上!

 

次は、海のあまべちゃんにバトンタッチ。

 

 

とっとりで生まれ暮らし続けることについて。アラフォーおっさんの考察、そして主張とは?

 

 

はじめて投稿させていただきます。覆面社長ヒロアキです。

先ずはじめに、

御縁あってこのプロジェクトを素敵な仲間たちと進められることに、

心から感謝と期待を込めて筆を下ろします。

このTOROTOROとっとりを進める上で、どんな結果と反応があるのかは未知数だが、理屈ではなくとても楽しみにしているわけです。

今中心となって何かを発信して行こうとしている、

 

大学生のみきちゃん(編集局長)

アラフォーのみずほ氏(副編集長兼総務部長)

あまべちゃん(プロモーション&記録課)

ヒロアキ(統括幹事長)

統括?・・・まあいいとして。

 

共通して皆に言える事は、感性が鋭いです。

ある種少し逸脱しています。

良いのか悪いのかはわかんないけど・・・

そして鳥取県を愛しています。それぞれの愛し方でね。

何かを発信したいんだけど、どう伝えれば良いのか?

それなりに打合せを重ねてきて見切り発車しておるわけです。

 

僕はこういうのが好きです。

それは。目的意識は共通しているけど、やりかたを模索している状態。

ようするに在り方はわかってんだけどやり方はわかんない状態。

こんな状態だけど、何かを生み出す可能性は大いに秘めているわけです。

だから僕も時間を使うし、皆とまた会いたいと思うし。

なにかカタチにしたいと本気でおもうんですね。

 

結局何が言いたいのかと言うと。期待して読み続けてくれれば良いということ(笑)

なんかよく分かんないおっさんがなんか書いてるけど、なんかおもろそう的な。

 

で。表題にしている「とっとりで暮す」ということについて紐解いていきたいと思います。

 

僕は大学の4年間を福岡の博多近辺で過ごし、遊びほうけていた矢先父が亡くなり、

卒業後故郷である鳥取市に帰ってきた。

家業である会社を引き継ぎ今に至る。

この間にドラマというドラマが多々あったわけだが、

そのことは書き出したらいくら時間があっても終わらないので小出しにしていこう。

僕は基本的にこのまちが大好きである。

うそ臭いと思うだろうけど、心から大好きである。

その具体的なベネフィットを挙げるだけで今日は終わりにしたいと思う。

 

海と山の自然が豊富だし、人があたたかい。

自然に癒されたいときにはキャンプしたり山登ったり、冬はスノーボード

f:id:Torotorotottori:20170311202250j:plain

こないだ経験した雪中キャンプ

f:id:Torotorotottori:20170311202304j:plain

すぐそこにいつでもある山山。豊な自然と綺麗な水。

 

お酒は美味しいし、魚も肉も食のポテンシャルは極めて高い。

なによりも人が好き。穏やかな人たちが大好きだし、ずっと関わっていたい。

そんな単純な魅力を単純に感じていることは僕の中では実に自然なことだ。

 

その上でだ。

僕はこの歳にしてある程度自らの生き方(スタイル)と使命は見えてきた。

40にして惑わずと言う言葉があるが、それを意識しながら今まで自問自答を繰り返し、

常に行動に移してきた結果だとおもうけど。

40を前にした39の今思うんだけど。

今まで自分が何に違和感を感じ続けてきたのか?やっと解ってきた。

そこから紐解いていくとこれから僕がどう生きていくべきが?

誰とどこで、何に情熱と時間を進んで行くべきなのかということが見えてくる。

 

非常に大枠で伝えるとすれば、グローバリズムという少し前の社会に対して、

違和感と拒否感を感じつつ、自分の生き方を探し続けてきたようだ。

いやだからね。

高度成長期やバブルに然程反応しなかった「とっとり」

という「くそ田舎」に心から居心地の良さを感じるわけなんだ。

 

そしてある人が言っていて、深く共感した価値観

「インターローカル」がこれからの時代の鍵だと思う。

間にある間とは、関係性の真中にある目に見えない、

対極にある非合理の積み上げから生まれる世界だ。

20世紀的な文脈で物事と向き合ってたら、もう難しいし生き抜けない時代に来ているとも思う。

で。これからこの「とっとり」で僕がどう生きていくのが幸せなのか?

だいたい分かってきたという辺りなんだね。

会社の経営はベースとして当たり前に人のためになる事を目的としつつ適正な利益を得ること。

これがようするに主な仕事なわけだけど、

基本的には地域や社会や個人の問題を解消してあげるためだけに

時間と労力を使いたい。

お客さんの現場の環境もなんとかしてあげたい。

地域の里山の環境もなんとかしたい。

次の世代が誇りを持って暮らすことが出来るふるさとが創りたい。

このミッションがベースで、それ以外は自分の直感にそって、

素敵な人々に囲まれて豊な自然と大好きなお酒と音楽がある暮らしがあれば、

場所はどこだっていい。

 

ん?とっとりじゃなくてええんかい!?

ということで、来週のTOROTOROとっとりは・・・・・・

それぞれのとっとりで暮す人生観について書いてくれ!

それを僕は聞きたい! 

 

それでは皆様また次回の投稿まで。

ごきげんよう

鳥取発見したぜ🐥

第3回目担当は地元が鳥取、職場が海のあまべちゃんです🌊

「とっとりにある行きつけ・おすすめの場所・お店。」

 がテーマですので、ひとつ気合いを入れてお伝えします。




私が紹介したいのはこちら

 

バーン!!

 


f:id:Torotorotottori:20170306163701j:image

場所は鳥取市にある久松山の入り口なのですが、こちらご存知でしょうか。 

 

昔に鳥取ニュースでみたけどどこだっけ?と記憶が曖昧でしたが、最近発見しました✨

よ~く見てください。なんと…

 

 

バーーン!!

 


f:id:Torotorotottori:20170306163841j:image

 

 

ATSUSHI !


f:id:Torotorotottori:20170306164557j:image

島谷ひとみ!!


f:id:Torotorotottori:20170306164605j:image

さだまさし!!!


f:id:Torotorotottori:20170306164615j:image

なぞのチョイスですが超有名人の美声で<ふるさと>が聞けちゃいます✨ファンの方もそうでない方も一度は聞いておくべき💪

そのさきには久松山という城跡があり、これからの桜の季節にばっちりのお花見場所🌸

 

 

それだけでなく、上を目指せばほどよい登山道(片道15~30分くらい?)がありますので、とろとろの~んびりとほどよい運動をしに行ってみてください🙇

             

 

              以上でした。

 

アラフォーがゆく。とっとりの おすすめスポット。

はじめまして。

 

TORO TOROメンバー最年長?のみずほです。

 

 

みきちゃんの初回の投稿。

 

お洋服のこだりがあって
モノを生み出す才能もある彼女が
紹介していたお店や場所は

 

彼女が 芸術性溢れる女の子なんだなぁというのが感じられました^ ^

 

 

今回はアラフォー世代である私が

「とっとりにある行きつけ・おすすめの場所・店」

こちらを ご紹介いたしますね。

 

 

 

 

私は、子育てが始まった15年くらい前に関西から地元鳥取へ帰ってきました。

 

 

自然が多い鳥取

ここで子どもと過ごす時間の中で

「心揺さぶられる景色」

を何度も見てきました。

 

その景色の一つ

全国的に有名な鳥取砂丘」。

 

f:id:Torotorotottori:20170306232541j:imagef:id:Torotorotottori:20170306232551j:image

鳥取に遊びに来たら「鳥取砂丘へ」というくらい 定番ですけれど…。

 

 

季節ごとに

天候ごとに

時間ごとに

変化する砂丘も

砂丘から眺める海や空も

本当に最高に素晴らしいものです。

 

真夏の夜、砂丘に寝転がって夜空見上げれば

吸い込まれそうなほどの満天の星空と

天の川や流れ星が見られます。

 

2年前からかな。

毎年 夏の夜 子どもたちと砂丘に寝転がりにゆきます^ ^

 

UFO見たという人も結構いたりする

 f:id:Torotorotottori:20170306232623j:image

今年は大雪だったので

砂丘の雪解けオアシスも広くて深かったようです。

 

オアシスも見られるのは この時期だけ^ ^

 

 

続いて「食べるべし」でおすすめしたいお店は

 

一度食べたら 忘れられない

ハンバーガー」

チャーミングなオーナーが

愛を込めて作る

ハンバーガー」

です。

f:id:Torotorotottori:20170306224728j:image

 

シュビドゥバー


スタンダードなものも美味しいのだけれど

もしタイミングが合えば

期間限定ハンバーガー食べてみてくださいね。

 

間違いない。

 

大人だと二口で食べ終わりそうなミニスライダーは

お子さま向けにも おすすめです。

 

 

鳥取県民 コーヒー大好き!と

これも有名なようですが

私の好きなコーヒーは

Tottori Coffee Roaster

セキュリティチェックが必要です

 

f:id:Torotorotottori:20170306233528j:image

カフェラテを注文すると

可愛いラテアートででてきます。

 

ラテアートは、毎回変わるので、

今日はなにかな?とワクワク楽しみになります。

 

 

続いては「遊ぶ」のおすすめ…

 

我が家の子どもたちは足湯が大好き。

 

我が家流ですけれど

卵持って

温泉たまご作りながら

足湯に入る。

 

これも鳥取で定番といえば定番ですね。

 

 

若い頃は、砂丘も温泉も自然も

身近にありすぎて

良さがわからなかった。

 

わからなかったというか

都会に憧れがあった私は

「田舎」くさいと思ってたところもなきにしもあらず。

 

 

それが今は、

当たり前のように身近にあることが

幸せだなと感じられて

また そこで

幸せを感じられる。

 

 

まだまだ鳥取には素敵なスポットがたくさんです。

 

今回、アラフォー…あまり関係なかったかな。。。

 

 

私のおすすめは

今回 ここまで。

 

引き続き、他のメンバーのおすすめを

お楽しみくださいね。

 

 

セキュリティチェックが必要です でも 発信しています。

ぜひこちらもご覧ください。

 

 

とっとりにもおしゃれな楽しさはある

このブログは、全国に知られていない

とっとりの魅力や暮らしを

紹介していくものです。運営者は、

とっとり創生若者円卓会議で

出会った鳥取県出身者と、県外出身者の

20~40歳までと幅広い年齢と

職業のメンバーでお送りします❁

投稿者はリレー方式です\ ( ^o^) /

 

書き初めは、学生のみきが担当します。

そして、今週1週間のテーマは

 

「とっとりにある行きつけ・おすすめの場所・お店。」

 

です。

とっとりのイメージって
「砂丘・海・神社・海鮮丼・漫画・カニ」

 

ですよね。
正直、推しすぎて飽きた感。
自然はもちろん、とっとりは

〇かわいい民藝が好き
〇博物館に行くのが好き
〇雑貨が好き

という女の子にはピッタリの土地です。

 

私がよく行く鳥取市内の5つのおすすめの

場所・お店を紹介します!

 

「Gallery そら」

 

鳥取駅前の商店街にある貸しギャラリーです。

そのギャラリーの地下にあるセレクトショップ、本当良いです

倉吉市の国造焼を始めとするかわいい器たち、

とっとり県民お馴染みの白バラ牛乳刺繍ブローチ、

とっとり出身イラストレーターClaraさんの奇抜で愛おしい作品、

1つ1つ端正に作られ、現代風にアレンジされた寄木細工

などが購入できます。とっとりの想い出をおしゃれな形

として残すには最適なお店です!

 

 

鳥取県立博物館」

 

学生のみなさまに朗報です、入館無料です。

県内はもちろん、県外学生も無料です。

今は水木しげる展が開催されてますね!

常設展示室では、オオサンショウオに会えますよ!

仁風閣の目の前にありますので、ぜひ!

駅からは、100円バスくる梨(り)で行けます👍

 

「山二鳥」

若桜街道 右手側 鳥取駅から徒歩15分ほど

 

ママさんがやられている緑の可愛い雑貨屋さん!

ハンドメイド作品が多く並び、ママさんや手作りが

好きな人には嬉しい可愛い雑貨が並びます。

Claraさんや、全国のハンドメイド作品が並び、

紙でつくったブローチやピアス・イヤリング

ポストカードにポーチやカバンが並びます。

見るだけでワクワクするお店なので、

見つけた際はぜひ入ってみて下さい🐥

 

「Redrum」

若桜街道 上田ビル 鳥取駅から徒歩15分ほど

(駅から県庁方面へまっすぐ左手側)

 

おしゃれな大学生の間じゃ言わずと知れたおしゃれなUS輸入の古着屋さん。

 

学生は水曜日が割引日で、女性は日曜日です!

ちなみに、5着以上買えばさらに割引。

(友達と5着でもOK!)

袋持参で10円OFF!

買えば買うほど安くなる不思議なお店。

 

本当に都会の古着屋と同じくらい

可愛いお洋服が

1000円弱(SALEだと800円)

くらいから

買えます!そして、質もめっちゃいい。

タグみたら、え?Danton?!KENZO?!

Brook Brothers?!、正真正銘日本製!

安すぎ感動!!ってなります。


店長さんもめっちゃ良い人で、

音楽の話させたら最強です。

 

とっとりの学生が居る事

多々なので面白いと思われます:)

 

 

「borzoi record」

若桜街道 上田ビル

 

Redrumの上の階にあるレコード・CD屋さんです。

ここの店長さんもめっちゃ良い人!

まだ知られていないインディーズの

CDもあり、昔懐かしいレコードも

たくさんあります!

SAKEROCKもめっちゃある!

インディーズのCDはジャケがめちゃ

かわなのでジャケ見ての衝動買いも

多々ありありです。

都会のCD屋にはないものたくさんなので、

音楽マニアの方はぜひ~~~♪

 

 

観光で時間が余った時や、県内の方

ぜひ行ってみて下さいね^^

 

今回はここまでにします!

学生目線の楽しいお店・場所を紹介しました。

他のメンバーは全員社会人なので、

どんなお店が

でてくるか期待ですね \^^/

 

FaceBook シェアやいいね、

よろしくおねがいします!

 

みきでした